こんにちは。

甲子園店の杉下です。

 

暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか?

毎年夏の暑さが過去最高な気がするのは私だけ

でしょうか・・・

 

もうすぐ夏の甲子園も始まり、さらに熱くなります!

 

わたしたち人間だけでなく、ペットのわんちゃんや

猫ちゃんも舌を出して、「あづ~い」と言っている

ように見えます。

みなさま熱中症・脱水症状にはお気をつけください!!

 

店内で育てている植物も、脱水症状にならないよう気を

付けなければいけません。適切な水やりが大切ですね。

 

特にFEDERICOⅡHOME甲子園店は、ららぽーと甲子園

(ショッピングモール)の中に入っているので外の空気

や光をなかなか浴びることができません。

 

 

一般のご家庭でも、なかなか日が当たらない、水やりが

頻繁にできない、など、植物を育てるのも一苦労ですよね。

 

 

そこで最近は非常にリアルなフェイクグリーンも

登場していますが、甲子園店ではリアルグリーンを

おすすめしたいんです。

 

 

どうやったらうまく育つかな?

この植物はどこの国でどんな環境で育っていたのかな?

 

と、いろいろ調べるのも植物を育てる楽しみの1つ

でもあります。

 

とはいえすぐ枯れてしまったらショック!!ですよね。

そこで、植物選びを失敗しないための初級編として

3つのポイントです!

1、水やりの頻度が少なくてもいい種類を選ぶ

2、水やりのタイミングが分かりやすい植物を選ぶ

3、枯れることの無い植物を選ぶ

 

まず1つめは

水やりの頻度が少なくて済むサボテンなどの多肉植物を

育ててみるのがいいですね!

形も可愛くて、アートっぽくも見えます。

そして2つめ。

 

意外と難しいのが、水を与えていいのか、与えない方が

いいのか分からずに、とりあえずたくさん水をあげて

しまい根腐れするというパターン。

 

 

頑張ったのに枯れた・・・という切ない感じになります。

ということは「今、水をください!」とアピールして

くれる植物がいいですよね。

 

 

私のオススメは ” エバーフレッシュ ” です。

甲子園店でも育てています。

 

水が足りている時は葉っぱがまっすぐ大きく開いて、

水が不足してくると葉っぱ1枚1枚が不揃いにバラバラ

の方向に曲がってしまいます。

 

↓↓ 水が欲しい時はこんな感じ

 

葉っぱが曲がってきたら十分に水を与えればいいのです!

 

見た目もさわやかでデザインとしても好きな逸品です。

 

しかも、別名「ネムの樹」と呼ばれるエバーフレッシュは

夜葉っぱが閉じて朝になると葉っぱが開くという

生きてる感をすごく感じられる植物なんです。

↑ 朝:起きてます。

 

↑ 夜:寝てます。

 

生きてる感満載です!!

 

 

運が良ければ花も咲いて、真っ赤な実がつきます。

 

そして最後の3つめは

枯れない植物を育てる事。

枯れない?

そんな植物ないですよね?

 

いいえ、あるんです。

 

そう、今おしゃれな方々の間で流行中の

” ドライフラワー ”です。

 

ドライフラワーは自然乾燥させたものや瞬間的に高熱で

処理したもの、冷凍乾燥させたものなどがあります。

観賞用としては自然乾燥させたものがいちばん多く、

色鮮やかな状態で枯れることなく楽しめます。

 

甲子園店でも高品質なドライフラワーを扱っています。

 

天井や壁から吊ってみたり、

ブーケにしてプレゼントしてみたり。

 

時期によって手に入る花の種類も違うので無くならない

うちにゲットしてくださいね。

 

生きた植物や、彩り鮮やかなドライフラワーがお家の中に

あるといい空気が漂い、色が入る事でインテリアとしても

すごくオシャレになります。

 

 

失敗を恐れずに、是非トライしてみてください。

 

 

お探しの植物があれば甲子園店へご相談ください。

 

秘密のルートからいい植物をご紹介します!!

 

そのあたりの話はまた次回・・・

 

 

おわり。